みなさんから学んだこと | 柳楽仁史

2015.01.13

2015年を新たに迎えて、グループ経営方針発表会にみんなで参加してきました。グループ全社員が一堂に集う有意義な二日間でしたが、中でも私にとって特に印象深くもあり感慨深かったのは、FCRの4人が話してくれた「スタッフの役割とあり方」のパートでした。
nagira_VI_3

それは確かに、いわゆる‘スピーチ術’に関してはコンサルタントの人たちほど長けてはいないけれど、実体験からにじみ出たエッセンスに満ちた内容には非常に深みがあり、心に刺さるものが多くありました。
受講者の職種はそれぞれ違えど、自分が抱えているのと似たような悩みや迷いを乗り越えて仕事をしている同志の話に共感し、胸を打たれている様子でした。
もちろん、私もその一人です。


私は、みんながイキイキ楽しそうに、それでいて真剣に仕事をしている様子を遠巻きから眺めているのが好きです。また、今回のようにFCRのメンバーの活躍や成長を知る機会に触れると、本当に嬉しくなります。「FCRではみんな楽しそうに一生懸命仕事をしているね」「FCRの職場はなんだか活気があるね」と周囲から褒められると、このうえなく嬉しいです。実際、最近そう言われる機会がとても多くなりました。


日頃、こんなことをよく考えます。
「みんなが楽しくイキイキ仕事をするために大切なコトって何?」
今回の4人のスピーチやそれを真剣に聴いているみんなの表情から、あらためてそのエッセンスを学んだような気がします。いま、私が感じているその要素をいくつか書きます。

・誰かの役に立っていると思える仕事がある

・仲間と共有できるビジョンや目標がある

・自分が果たすべき役割と責任があり自己の存在感を感じられる

・自分の意見・工夫・経験などを仕事に反映できる

・成果や感謝のフィードバックがあり自己の貢献や成長が実感できる

・「この人のために」と思えるお客様・上司・同僚・部下・後輩がいる

・困ったときに助け合える仲間がいる


この全てを満たすことは容易ではないと思いますが、一人でも多くの人がそういう実感の持てる会社にしていきたいと願っています。

nagira_VI_5
皆さん、本年もよろしくお願いいたします!

以上

柳楽 仁史