少しの気づきでいつもの動画が劇的に

2015.03.20

PR活動サポート

web・クリエイティブサポート

こんにちは、クリエイティブチーム 湯口です。

動画の幅は広がっていき、日々私たちを楽しませてくれています。
動画は紙媒体では伝えきれない、たくさんの内容を短時間で収めることができ、伝えている人の人柄も見えるので相手にも伝わりやすい、とても便利なアイテムです。

皆さんも、日頃のお仕事やイベントなどで、「動画で伝えたい」「DVDにしてたくさんの人に聴いてほしい、見てほしい」と思われるコンテンツがあるのではないでしょうか。
船井総研でもセミナーやトップ経営者対談など、
動画でしかうまく伝えられないコンテンツがたくさんあります。
でも、いざ撮影したいと思って業者さんに依頼すると、
費用やスケジュール調整が大変ですよね。。。
きっとご自身で撮影できたら、撮り直しも気軽に出来て楽ですよね。
今は、カメラの性能も上がっていますので簡単に撮影することが出来ます。

そ・こ・で・・・・ここだけは押さえたい撮り方のポイント3つをご紹介♪

1.アップとワイドのメリハリ
ずっとひきで撮っていたり、ずっとアップで撮っていては、
見ている方は飽きてしまいます。
アップとワイドを使い分け、メリハリのある撮影を!

2.静かなところで撮る
撮影後の動画を確認して気づく残念な事は、
野外の雑音が入ってしまい、話をしている人の声が消されてしまっていること。
マイクをつけていても出来るだけ静かな場所を選びましょう。

3.できるだけ明るいところで
照明の明るいところや晴れた日など、
周りが明るい場所で撮るだけで印象が変わります。
いっしょにお顔の表情も明るくしましょう。背景に緑(植物)を置くのも良いです。
植物はいつでも癒しになります。

01

少しの気づきでいつもの動画が劇的に変化します。

この3つのポイントに気をつけながら、ステキな動画を作成して、よりたくさんの人に見てもらってくださいね。
ちなみに。。。クリエイティブチームでは成功事例をたくさん作り、日々活動しております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。*^^*