バナー広告デザインのススメ

2015.08.07

PR活動サポート

web・クリエイティブサポート

こんにちは、クリエイティブチームの松田です。

IT革命が起きて以降、owned media、paid media、earned mediaなどの、ディジタルメディアは目まぐるしい変化を遂げております。

最近では、
インターネットを利用において様々なページに訪問すると、必ずと言っていいほど現れるのが、このバナー広告(ディスプレイ広告とも言い、様々な用途に応じて名前が変化しますが、ここでは広義としてのバナー広告という表現で統一させていただきます)です。

banner-title

その理由の1つが 集客ツール という点です。

集客ツールとして紙媒体(チラシやダイレクトメール)が席巻していた時代から移り変わり、、、web集客ツールとして、バナー広告は、コストパフォーマンスに優れ且つタイムレスだということがとても注目されていっております。webマーケティングにおいてはもちろん、切り離せない存在です。

クリエイティブチームでも、船井総研のご支援先のツールとして、効果のあるデザインを工夫しながら制作させて頂いております。

では、少しだけバナー広告をどのようにして制作しているのかをご紹介させて頂こうかと思います。下記要件を想定して、、、ではスタート!

バナーデザイン要件:
男性用髭剃りのECサイトへ誘致したい


①当事者意識を持たせる

バナー広告の対象となる顧客は、潜在層であるということ。
潜在欲求に気づきを与える→「当事者意識を高める訴求をする」
①


②当事者意識を高める訴求

訴求内容を伝えるための刺さりそうなコピーのみにフォーカスを置くのではなく当事者意識を高めるビジュアルを策定。

例えば、
今回のテーマでいくと「剃り残し無し!」など、髭剃り自体の機能アピールも大事なことです。しかし、コピーそれだけでクリックしてもらいサイトに誘致させることは、ターゲットに当事者意識を持たせ、顕在化させるには少し薄い気がします。
そこで、 デザインの出番! 当事者意識の視点に立ったヴィジュアルを加えることにします。

—- 
まだまだ、コピーをあぶりだすメソッドも、ちゃんとあるのですが。。
スペース上省略させて頂きまして、、、、

・「剃王」
・「圧倒的な剃り心地」

を文字要素として使うことにさせて頂きます。
—-


③絵コンテなどを描いてみてレイアウト → いざデザイン制作!

下記の順番のイメージで進めようと、、
②

絵コンテを描いたりみたりして、、
③

取り急ぎ、できたのがこちら!
bannerC

しかし、これでは、 ただ単に商品自体の訴求をしたのみ で、

①当事者意識を持たせる
②当事者意識を高める訴求

が満たされているかは疑問です。そこで、

当事者意識の視点に立ったヴィジュアル

のものを制作いたします。下記のようなイメージにしてみました!
bannerB
とりあえず、完成!!とさせて頂きます!


④ABテスト

さあ、こちらで運用して、終了。
ということもありますが、もう少し踏み込む方法として、写真や画像を少し入れ替えたバナーも制作し、2種類用意して運用期間で効果測定し、効果の高い方を選択して運用していくという、

ABテスト

というものを行うこともしばしばあります。なので、もう1種類制作させて頂きます。
bannerA

以上、大分と駆け足にはなりましたが、
クリエイティブチームでは、このようなバナー広告の制作もさせて頂いており、その効果までも考えたデザイン業務をさせて頂いております。