プチレッスンに参加いたしました

2016.10.21

カスタマーサポート

こんにちは、カスタマーサポートチームの佐々木です。

先日、レセプションユニットが毎日行っている
「立ち居振る舞い」のプチレッスンに参加しましたのでご紹介いたします。

船井総研グループの総合受付部門であるレセプションユニットは、
創業者・舩井幸雄が大切にしていた“親身法”の精神を引き継ぎ、
船井流受付としてお客様への「おもてなし力」を高めていけるよう
日々取り組んでいます。

私たち、カスタマーサポートチームもお客様とお会いする機会が多いため、
レセプションユニットより「おもてなし」を学んでいます。

私が参加した時は、お辞儀のレッスンでした。

【お辞儀のポイント】
① 背筋をぴんとのばし、両足はそろえる(あごを引き、目線を少し上げる)

② 腰からまっすぐ倒す

③ 倒す・止める・戻す メリハリをつける


お辞儀は角度によって意味が異なります。
一般的なお辞儀、ご挨拶の際に使うお辞儀は「敬礼」、角度は30度。
他にも、「会釈」を意味する15度のお辞儀、
「最敬礼」を意味する45度のお辞儀があるそうで、
その時々できちんと使い分けができることが大切な
「おもてなし」と教えていただきました。


なるほど。


では、実際にやってみると・・・
カスタマーサポート

簡単なようにも見えますが、実はなかなか難しいです。
普段からの姿勢を正すことが大切なのだと実感します。


壁を使って姿勢を正し、再度チャレンジ!!

「いらっしゃいませ。」
カスタマーサポート
レッスン終了間際には、
少しレセプションユニットのお辞儀に近づけた気がします^^

このほかにも、指し示しや、名札の渡し方、歩き方等
日々、いろいろな立ち居振る舞いのレッスンをしています。

レッスン時間は10分程の短い時間ではありますが、
参加した後は、いつもより背筋がシャキッ!!とします。


今後も沢山レッスンに参加して
船井流の「おもてなし力」を高めていけるよう、精進して参ります。