「この会社に入社してよかった」と思う瞬間

2017.04.06

カスタマーサポート

みなさま、こんにちは。
カスタマーサポートチームの堀口です。
今回は、FCRに勤めているからこそ聴講できた、コンサルタントや、役員の講話について、ご紹介いたします。

まず、船井総研のあるコンサルタントからのフロー研修について。
内容は、いかに「目的」(志・信条・信念)を持ち、「目標」(達成するもの・目的に近づくための目安や覚悟)に向かって、「事情」(しなければいけない事・都合)に左右されずに進んでいくかという、メンタルスキルのお話しでした。
普段私もそうですが、ついつい「事情」に振り回されがちです。
そんな時に心持ち次第で「事情」を「目的」に変えられる力について話されました。

また、別のコンサルタントの講話では、多くの部署で経験したこと、上長から言われてきたこと、船井総研の変化、それを踏まえて自分が部下を持つ立場になって考えたこと、伝えたいと思うことをユニークにお話され、思わず笑みがこぼれるほど。そのなかでも、【100%全力でやる!】ということを熱く語る姿は、まさに言葉の通りで、強く心に残りました。

そして、最後にご紹介するのは、心待ちにしていたお話・・・
同性としても上司としても尊敬しているFCR 松倉のスピーチ。
FCR全体会議では、今年から社員スピーチのコーナーが設けられ、事前に「この人の話を聞いてみたい」と思う人に投票し、選ばれた人が発表します。

今回は自分の先を走り続けている大先輩の松倉から気になっていた経歴について話を聞くことができました。
FCRのほとんどの業務を経験しているほど、数多くの業務に携わり、挑戦・勉強・努力を重ねてこられた経験を聞きました。

いつも側にいてくださる大先輩の活躍されてきた過去を知り、そこから学ぶ貴重な時間となりました。
松倉さん 講和

このようにFCRでは様々な講和を聞ける機会が数多くあります。

悩んだり、どうしても後ろ向きになってしまうことは、誰でも経験があると思います。
そんな時私は、講和で学んだことを思い出し、「全力で仕事に向き合えているのか」と自分に問いかけたり、「心がけ次第で前向きに変えられる」という言葉を思い出し、気持ちリセットできるように心がけています。
また、聴講を重ねるごとに、自分の将来やなりたい姿を改めて考えるようになりました。どんな自分に成長したいのか、そのためにすべきことは何か、今の自分はどの地点なのかと考えられるようになり、より具体的な目標ができました。

このような機会があることで、見て・聞いて・学べる。
それが私にとって「この会社に入社してよかった」と思う瞬間のひとつです。

これからも、この大切な機会を活かし、自分の成長につなげていきたいと思います。