ウェルカムカードについて

2019.10.15

カスタマーサポート

皆様、こんにちは!
 

カスタマーリレーショングループ レセプションチームの後藤有里菜です。
今回私がご紹介したいのは、レセプションチームで作成しております、
「ウェルカムカード」についてです。
 

6月にウェルカムボードについてご紹介いたしましたが、
ウェルカムカードとは、A4の1/4のサイズの紙に書くメッセージカードのようなものです。
見る方がほっこりできるよう、筆ペンを使い、少し変わった温かみのある字でお名前を書いたり、カラフルに色を塗ったり、お客様一人一人のことを考えながら作成しております。
ウェルカムカードにどのような内容を記載するかといいますと、
季節の事柄、誕生花、お客様一人一人に合わせた内容等、創意工夫を凝らして書いております。
たいへん好評で、お馴染みのお客様から初めてご来社いただくお客様まで、幅広く喜んでいただいております。
「こんなおもてなしを受けたのは初めて!さすが船井さんですね!」
「すごいね!このカード、持って帰っても良い?」
等、嬉しいお言葉をたくさんいただきます。
 

ウェルカムカードはお客様に寄り添う、弊社の考え方「親身法」を体現できるツールであると考えております。
お忙しい中ご来社いただくお客様に少しでも喜んでいただきたい!リラックスしていただきたい!という思いを込めて1枚1枚手書きで作成しております。
これからもお客様の笑顔を想像しながらウェルカムカードの作成に励みます。

 

 

 

後藤

「整骨院向け 患者様をファン化する受付対応セミナー」について

2019.10.03

皆様、こんにちは!
カスタマーリレーショングループ レセプションチームの後藤有里菜です。
今回私がご紹介したいのは、レセプションで取り組んでいる、
「整骨院向け 患者様をファン化する受付対応セミナー」についてです。
 
船井総研の受付では年間約15000人のご来客を迎えております。
全国各地よりお越しくださるのですが、多くの受付ファンのお客様がいらっしゃいます。
それは創業者の船井幸雄が大切にしていた「親身法」という考え方に基づいた行動をしていることが深く関係していると考えております。
親身法とは、“親が子に接するような愛情を持って、相手を敬い、人として他を害すことなく節度ある生き方をしていくための作法であり、生き方そのもののこと”です。
 
日頃、来社されたお客様から、
「受付の〇〇さんに会いに来たよ!」
「船井さんの受付は、他のところとは違うね!!」
「うちでも指導したいんだけど教えてくれない??」等、数多くの嬉しいお言葉をいただきます。
 
そこで、ファン化する船井流の受付の極意をお伝えすべく、現場で受付対応しているレセプションメンバーが講師となり、セミナーを開催する運びとなりました。
さらに、整骨院で10年以上受付対応をし、患者様をファン化する受付対応に定評があるゲスト講師の方にもご登壇いただきます!


絶賛お申込み受付中でございます。
お客様をファン化するための取り組み、成功事例など、明日から院で実践できる内容をお届けしますので是非お越し下さいませ。
皆様のご参加を心よりお待ちしております!
 
「整骨院向け 患者様をファン化する受付対応セミナー」
開催:2019年10月23日(水)@大阪
>>>詳細はこちらから
 

後藤

「モニタリング」のご紹介

2019.08.08

カスタマーサポート

皆様、こんにちは!
カスタマーリレーショングループ レセプションチームの後藤有里菜です。
 
今回私がご紹介したいのは、レセプションチームが実践しております「モニタリング」についてです。
 
モニタリングとは、お客様目線で自分達の対応を観察し、改善点・良かった点をチェックすることです。
チェックを担当するのが弊社の藤田祐子です。
 
藤田は、前職のホテル業界での経験を活かして、現在は外部に向けたマナー講師として活躍しております。
レセプションメンバー一人一人の気づいていない癖や行動を知ることができ、たいへん勉強になっております。
なぜこの対応が良いのかを、動作の根拠や、歴史的な成り立ちにまで遡って示してもらえるので、対応に迷った際の道しるべとなります。
受付の現場では、イレギュラーな場面が多いため、迷うたびに、ベストな対応を聞くことができます。
 
藤田のモニタリングにとどまらず、レセプションメンバー同士でもチェックをしております。
自社のレセプションの対応をお客様の立場から見ることで、レセプションメンバー間でも課題を見つけだすことができますので、モニタリングした人は、メンバーにフィードバックをします。
さらに下記のような表を作成し、メンバー内でも常に意識づけをおこなっております。

モニタリングで明らかになった課題を一つ一つクリアし、一流のおもてなしが提供できるレセプションとなれますよう、今後も精進して参ります。
 

後藤

ウェルカムボードについて

2019.06.19

カスタマーサポート

皆様、はじめまして。
カスタマーリレーショングループ レセプションチームの後藤有里菜です。
 

今回私がご紹介したいのは、レセプションのメンバーで作成している「ウェルカムボード」についてです。
ウェルカムボードとは時間を作ってご来社いただいたお客様へ感謝とおもてなしの気持ちを全力で伝えるツールでございます。
A4サイズの紙に季節感溢れる絵やメッセージを書きます。
大阪本社、正面玄関入られまして右手と2階受付のドリンクコーナー辺りの2箇所に飾っております。

 


 

レセプションメンバー4名が順番に作成しており、月に2度の頻度でそれぞれ個性溢れる作品を生みだしております。
 

嬉しいことにお客様から「今月は誰の作品?」と尋ねられるほどに至っており少しずつではありますが、注目していただいております。
中にはお客様から「是非うちにも飾りたい」とのお声をいただきお客様の会社にも提供させていただいております。
レセプションメンバーごとにカラーが異なりますので、是非毎月チェックしてみていただけますと幸いです。
 

ウェルカムボードを通じて船井流の親身法を体現し、お客様にお喜びいただけますよう引き続き精進してまいります。
 

 

後藤

 

 

【歴代のレセプションブログ】
「プチレッスンについて」
「レセプションチームについて」
「礼儀作法研修」
「産休・育休の復帰について」
「ネームプレートについて」
「アテンドについて」
「小テストについて」
「ロープレやプチレッスンについて」
「五原則研修について」
「新人スタッフ研修について」

女性活躍推進プロジェクト

2019.05.28

当社では、『女性活躍推進プロジェクト』という、チームリーダー以上のメンバーたちで構成する、組織の枠組みを超えた活動があります。

 

ワークライフバランスの推進をベースとした様々な環境作りに取り組んでいるのですが、このほど、その活動の一環として、育児休暇中の社員を対象とした交流会を開催いたしました。

 

交流会の目的は、「最近の会社の状況や組織構成などを伝える」こと、そして「既に復職した社員たちとの交流を通じて復帰後の不安を減らす」こと。

 

参加者には、いま不安に思っていることや育児中の社員に聞きたいことなど、質問事項を予め用意してもらい、当日は、産休予定者や職場復帰した社員も参加して、子ども連れOK!ワイワイ騒いでOK!の和気あいあいとした交流会が実現いたしました。

 

20190524_1

昼食は、子ども達のお世話で手が離せない新米ママたちにサンドイッチを用意。こうなるともう、会社の中でピクニックです!

 

和やかなムードの中、育児に関する質問が飛び交い、参加者たちの上司も途中参戦し、笑い声の絶えない交流会となりました。

 

20190524_2

 

【交流会を終えたあとのアンケートより】

 

● 久しぶりにオフィスに来て職場の皆さんと話せて、組織についてなどの情報をキャッチアップできて良かったです!

 

● (子どもが)同じ月齢の方と会えたことで、自分が今抱えている不安や疑問点が自分だけが思っているものではないと安心できた。

 

● 同じ会社で働く経験者からの話は大変参考になった。

 

● 会社とのつながりが持てるのでとても良いと思います!

 

● お休み中、会社が少し遠い感じでいましたが、今日出席させていただいて、先輩社員の皆さん、同じ環境の下の社員の皆さんと話す事で解消されました。

 

● 今後の女性活躍推進プロジェクトの活動がもっと活発になることを願ってます!もっと働きやすい、会社も個人も幸せになる活動が広がればいいと思います。

 

20190528_1

 

人生において長い時間を過ごす会社というものが、社員の皆さんにとって学びの多い刺激的な場所となるよう、女性活躍推進メンバーたちは今日も新たな取り組みにチャレンジしております!

 

ホスピタリティ溢れる応対のために

2018.12.25

カスタマーサポート

みなさま、こんにちは。
レセプションチームの阿部です。
今年も残すところあと僅かとなりましたね。
レセプションでは、この一年、以下の目標を立てて様々な取り組みを行ってまいりました。
①チームを作り上げよう
②スタッフの存在価値・サービスの質を上げ、磨き上げよう
③お客様にとって居心地の良いサードプレイスを提供しよう

レセプションは今年初めて、小さな単位の“ユニット”から少し大きな単位の“チーム”になりました。
東京本社と大阪本社、拠点は離れていても連携して仕事ができるよう、WEB会議ツールを使って、毎朝合同朝礼を実施し、月に一度は事例交換会をするなど、チームとして状況を理解し、フォローし合える体制を強化してまいりました。刺激し合える仲間がいることで、より目線も上がったと実感しています。

【大阪レセプション】
集合 大阪メンバー
【東京レセプション】
東京受付

もっと読む…